忍者ブログ

自分の個人情報が漏えい・流出被害の対象でないことを確認するためのサイトです。 ISO27001(情報セキュリティISMS)、JISQ15001(プライバシーマーク)取得企業は、他の企業の対応事例を参考にして下さい。 自らの非を認め、公表してくれる企業は、信頼できる企業ということがいえます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成25年11月25日
病院経営本部

都立小児総合医療センターにおける個人情報を含む書類の紛失について

このたび、都立小児総合医療センターにおいて、患者個人情報を含む書類の紛失事故が2件発生しましたので、ご報告いたします。
該当される方及びご家族の皆様方には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。



改めて、全職員に対する個人情報の管理に関する指導を徹底し、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要
(1)入院患者一覧の紛失について
 ① 紛失の状況
  ア 紛失の時期
    平成25年10月3日(木曜日)
  イ 紛失の経緯
・10月3日、PFI事業契約を締結している多摩医療PFI株式会社の協力企業職員(以下「協力企業職員」という。)が、同日午前9時30分頃から、4階病歴室において、「入院患者一覧」を出力し、入院手続書類の確認作業をしていた。正午から休憩に入るため、机上に書類を置いたまま席を離れた。なお、病歴室には別の職員が2名おり、別の作業を行っていた。
・午後1時頃、当該職員は病歴室に戻り、事務机とは別の作業スペースにおいて、他の職員とともに打合せを実施した。
・午後1時30分に打合せが終了して机上を確認したところ、「入院患者一覧」が無いことに気付き、現場責任者へ報告を行った。なお、正午から午後1時30分の間には、作業中の他の協力企業職員2名と病歴室内に入室した医師1名及び病棟事務員1名以外に入室していない。
院内で紛失した可能性が高いと考え、関係職員への事情聴取及び病歴室の捜索を行ったが、現在まで発見されていない。
 ② 紛失した入院患者一覧に含まれていた個人情報
   患者ID、氏名、診療科  33名分
 ③ 事故発生後の対応
   現在も病歴室などを中心に紛失した書類の捜索を継続している。
 
(2) 入院手続書類の紛失について
 ① 紛失の状況
  ア 紛失の時期
    平成25年10月29日(火曜日)
  イ 紛失の経緯
・10月28日、1階医事課事務室において、入院患者の夜間受付業務を行っていた協力企業職員Aは、午後10時頃、入院手続を行った当該患者の入院申込書、健康保険被保険者証の写し、診療予定表をクリアファイルに入れ、受付カウンター後ろの可動式ワゴンの上にある所定のケースに入れた。
翌29日午前2時頃、協力企業職員Bは、この患者を含む4名分の一連の入院手続書類を取り出し、パソコンに情報を入力し、元のケースへ戻した。
・さらに、協力企業職員Cは、午前4時から午前5時頃の間にその後入院した患者2名分の情報をパソコンに入力し、既にあった入院手続書類と合わせ、元のケースへ戻した。
・午前7時30分頃、Cは、日勤帯の入院医事担当である協力企業職員Dにケースにあった書類を引き渡した。Dはすぐに書類を院内各病棟の担当の机上へ置いた。
・午前9時頃、当該患者の入院予定の病棟担当の協力企業職員Eは、「入院患者一覧」と照合した結果、患者1名分の書類がないことに気付いたが、当該患者の家族が持っている可能性があると思い、午後2時30分頃、退院手続きに来た患者家族に確認したが、持っていなかった。
・午後5時頃、E及び協力企業の業務統括責任者が、夜間受付業務を行っていた協力企業職員Cに対し確認したが、当該書類の有無が確認できず、紛失したものと判断した。
院内で紛失した可能性が高いと考え、医事課事務室及び受付カウンターを中心に院内を捜索したが、現在まで発見されていない。
 ② 紛失した入院手続き書類(1名分)に含まれていた個人情報 
  ア 入院申込書
    患者ID、住所、氏名、性別  1名分
    患者家族の住所、氏名、電話番号  1名分
  イ 健康保険被保険者証の写し
    被保険者証記号・番号、氏名、生年月日、性別  1名分
    被保険者氏名・勤務先  1名分
  ウ 診療予定表
    患者ID、氏名、生年月日、診療科、診療種別  1名分
 ③ 事故発生後の対応
   現在も医事課事務室及び受付カウンターなどを中心に紛失した書類の捜索を継続している。

2 対策及び取組について
(1) 小児総合医療センターでは、該当される方々に対して本件の内容について説明と謝罪を行った。
    また、再発防止に向けて、院内全職員に対して、個人情報保護に係る制度・規程を改めて周知・徹底するとともに、個人情報に関する研修等を通じて、職員の意識啓発を図る。さらに、多摩医療PFI株式会社に対しても、個人情報の適正な管理の徹底を図るよう指導する。
 
(2) 病院経営本部では、11月22日(金曜日)、臨時の都立病院事務局長会を開催し、全職員及び委託会社等に対し個人情報の取扱い等に関する諸規定を厳守するよう、周知徹底を図った。

お問い合わせ先
病院経営本部 サービス推進部 事業支援課
電話 03-5320-5831(直通) 
小児総合医療センター 事務局庶務課
電話 042-312-8131(直通)


情報ソース
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/houdou/25year/251125_syouni.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  Buzzurl  Twitter
サイト内の事件を検索
アンケート
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング ニュース ブログキング くる天 人気ブログランキング ブログランキング

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
  • seo

カウンター
著作権・所有権について
著作権法第10条2項では、「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道」は、著作物に該当しないとしています。
当ブログで紹介しているものは、事実の伝達として情報ソースも明確にして、掲載しています。

Copyright (c) [ 個人情報漏洩事故(事件)一覧 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]