忍者ブログ

自分の個人情報が漏えい・流出被害の対象でないことを確認するためのサイトです。 ISO27001(情報セキュリティISMS)、JISQ15001(プライバシーマーク)取得企業は、他の企業の対応事例を参考にして下さい。 自らの非を認め、公表してくれる企業は、信頼できる企業ということがいえます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成27年1月29日
お客さま情報が入った書類の盗難被害について
東京ガスエネルギー株式会社

東京ガスエネルギー株式会社(本社:東京都中央区日本橋浜町1-12-9 日本橋浜町ビル5F、社長:田中宏昌)は、有限会社日誠運輸(本社:神奈川県綾瀬市寺尾南3-16-12、社長:見上 周太)に、お客さま宅におけるプロパンガス(以下、LPG)容器の交換作業を最終委託しておりますが、このたびLPG容器の交換作業用車両内に置いていた、お客さまの住所、お客さま名、配送予定日等が記載された「LPガス配送指示書」が盗まれるという事態が発生いたしました。弊社といたしまして、お客さまに大変ご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを心からお詫び申し上げます。



弊社は1月28日(水)の午後1時00分に、有限会社日誠運輸から、同日の9時00分頃にLPG容器の交換作業のため、神奈川県大和市深見東1丁目付近の路上に駐車した作業用車両の助手席に置いていたショルダーバッグが盗まれ、その中に入っていた「LPガス配送指示書」122枚が盗難被害にあった旨の報告を受けました。

盗難にあった「LPガス配送指示書」は1件のお客さまに対して1枚発行しているもので、大和市17件、相模原市57件、座間市48件の合計122件分のお客さま情報が入っておりました。この122件のうち、当社がLPG販売しているお客さまの情報62件のほか、当社が他のLPG販売会社からLPガス容器の配送を受託しているお客さま情報が60件ありました。そのお客さま情報にはお客さまの住所、お客さま名(個人名、法人名、建物名)、配送予定日、一部のお客さまの電話番号の他に過去4か月分のガス使用量、お客さまごとのLPG容器の種類と本数等が入っていたものです。

作業員は車両を停車後、LPG容器交換作業にあたり、約3分後に車両に戻ったところ、助手席に置いていたショルダーバッグがなくなっていることに気がつきました。なお、車両を離れる際には通常施錠しておりますが、当該一か所の作業のみ施錠を失念し駐車しておりました。直ちに所轄の大和警察署に盗難の被害を届け出るとともに、周辺付近を捜索しましたが、現時点では発見されておりません。

また、これまでに盗難により紛失したお客さま情報が外部に流出し、利用された事実は確認されておりません。

弊社および弊社が配送業務を受託したLPG販売会社のご協力のもと、該当するお客さま全員に個別に連絡してこのたびの事情をご説明するとともに、お詫びさせていただきます。

弊社といたしましては、お客さま情報の保護をきわめて重要な事項と認識しており、このたびの
事態の発生を真摯に受け止め、委託先である配送会社とも連携して再発の防止に努めてまいります。

お客さまの大切な情報が入った書類を紛失する事態となり、大変なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを重ねてお詫び申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
 東京ガスエネルギー(株) 総務部 担当 豊岡 電話 03(6891)8300
 (受付時間:平日8:30~17:15)


情報ソース
http://www.tgenergy.co.jp/important/docs/お客さま情報が入った書類の盗難被害について.pdf
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  Buzzurl  Twitter
サイト内の事件を検索
アンケート
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング ニュース ブログキング くる天 人気ブログランキング ブログランキング

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
  • seo

カウンター
著作権・所有権について
著作権法第10条2項では、「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道」は、著作物に該当しないとしています。
当ブログで紹介しているものは、事実の伝達として情報ソースも明確にして、掲載しています。

Copyright (c) [ 個人情報漏洩事故(事件)一覧 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]