忍者ブログ

自分の個人情報が漏えい・流出被害の対象でないことを確認するためのサイトです。 ISO27001(情報セキュリティISMS)、JISQ15001(プライバシーマーク)取得企業は、他の企業の対応事例を参考にして下さい。 自らの非を認め、公表してくれる企業は、信頼できる企業ということがいえます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「大阪市人材データバンク」からのメールの誤送信による個人情報の漏えいについて
[2015年1月29日]

問合せ先:人事室人事課(06-6208-7512)
平成27年1月29日14時発表

 大阪市人事室が事務局となっております「大阪市人材データバンク」におきまして、本市退職者で求人情報のメール配信を希望されている方に対して、求人情報をメール配信した際に、送信方法を誤ったことにより、個人情報が漏えいしたことが判明しました。



 個人情報の漏えいという重大な事態を発生させ、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申し上げますとともに、市民の皆さまの信頼を損ねることになりましたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。

1 概要と事実経過
 平成27年1月27日(火曜日)15時11分、大阪市人材データバンク事務局の担当者が、求人情報メールの配信登録をされている本市退職者に対して、求人情報のメール送信を行いました。

 その際、メールアドレスを「BCC」(メールアドレス及び電子メール表示名が他の送信相手に表示されない)でなく宛先「To」欄に入力し、個人情報である電子メール表示名とメールアドレスが表示される状態で送信してしまいました。

 同日17時30分ごろ、メールを受けた本市退職者から、他の受信者の電子メール表示名とメールアドレスが表示されている旨の指摘を受け、個人情報の漏えいが判明しました。

2 漏えいした個人情報
 求人情報の配信を希望していた本市退職者140名の、電子メール表示名及びメールアドレス

3 判明後の対応
 メールアドレスが漏えいした登録者の方々には、1月28日(水曜日)に、電子メールによる個人情報の漏えいに至った経過を説明するとともに、ご迷惑をおかけしたことをお詫びし、当該メールの削除を依頼しました。

4 発生原因
 担当者がメールを送信する際に、メールアドレスを「BCC」欄に入力して送信するべきところ、確認が不十分であったため宛先「To」欄に入力して送信したことが原因です。

5 再発防止策
 今回このような漏えい事故を発生させてしまった事態を厳粛に受け止め、メールの送信様式を改善するとともに、メール予定内容の送信前点検を一層徹底します。


情報ソース
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/jinji/0000296862.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  Buzzurl  Twitter
サイト内の事件を検索
アンケート
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング ブログランキング 人気ブログランキング ニュース ブログキング くる天 人気ブログランキング ブログランキング

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
  • seo

カウンター
著作権・所有権について
著作権法第10条2項では、「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道」は、著作物に該当しないとしています。
当ブログで紹介しているものは、事実の伝達として情報ソースも明確にして、掲載しています。

Copyright (c) [ 個人情報漏洩事故(事件)一覧 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]